flyer design for cram school 2013
友人の経営する個別指導塾のチラシをまたデザインさせていただきました。
c0166941_1762583.jpg

早いものでもう4作目、やるごとに広告がシンプルになっていくのは、クライアントの成長に
よるものなのか、自分のセンスが磨かれたのか、、
よくわからないけど、進歩してる感じがいい。
ほんの数ミリであっても、前進してることにはとても価値があるとしみじみ感じる。
[PR]
# by kaba0219 | 2013-05-31 17:07 | 作品 | projects
最近欲しいなと思う靴
最近欲しいなぁと思う靴を、載せてみますね。

c0166941_21334030.jpg
c0166941_2134233.jpg
c0166941_21341466.jpg
c0166941_21343040.jpg
c0166941_21343577.jpg


ただ、欲しい、それだけ。
ご迷惑おかけしました。。
[PR]
# by kaba0219 | 2013-04-16 21:32 | 日常 | life
flyer design & art direction for cram school
ここ1年くらい、個別指導塾を経営してる友人からチラシのデザインやら会社のロゴやら頼まれていて、
いくつか作ったものを作った順番に載せてみます。
c0166941_17462762.jpg

最初につくった夏期講習のチラシ。初めてチラシのデザインしたから難しかったけど、
要望通りにデザインできた。親しみのある、かわいらしいデザインに仕上げた
c0166941_1748584.jpg

通常版のチラシのデザイン、また会社のロゴのデザインを作った。ロゴなども気に入ってもらえて、
チラシもシンプルで綺麗なレイアウトにできたと思う。ひとつの完成系。
c0166941_17412475.jpg

冬期講習のチラシ。今まで丸みのあるデザインから、少しエッジのあるデザインに変更。
マイナーチェンジだけど、引き締まった印象を考えた。

とまぁ、今も新しいデザインの制作をしています。建築とは違うけど、これも建築の思考につながるような、
むしろこれも空間のデザインだといえるようなグラフィックのデザインがしていけたらなと思う。
[PR]
# by kaba0219 | 2013-04-04 17:54 | 作品 | projects
Happy New Year 2013
A HAPPY NEW YEAR 2013

c0166941_8385447.jpg


あけましておめでとうございます、今年も、よろしくお願い致します。
(年賀状を作ってみた、蛇のつもり。。(汗))

Hope to fine for everything.
[PR]
# by kaba0219 | 2013-01-01 08:36 | 日常 | life
hasune apertment open house
なんとなく、ブログを更新してみる。
先日、オープンハウスに誘われて板橋区蓮根にできた長屋を見てきました。
友達の仕事場を設計した方に誘ってもらったのですが、とても親切で素晴らしい建築家で、
勉強になる事の多い方、そんな方の設計なので素晴らしい作品になっています。
c0166941_1511212.jpg

最近同じく長屋を設計しているのもあって、参考になる所が多く、設計もグレードが高いというか、
大人な佇まいで、蓮根には少々勿体無いデザインです。w
c0166941_1522526.jpg

玄関は靴箱なし。モノを極力排除した玄関になってます。
たしかに綺麗だけど、結局靴が散在していたり、入居者が買ったりして不格好になるのを考えると
小さくてもあったほがいいかな、、とも思った。
c0166941_1535378.jpg

一階はワンルームで水回りが全部右に収納さており、二段下がったとこに寝室という形式。
入ってすぐ開口が見えず、光だけが見えるのがミソです。そうゆう哲学、美意識。
ここ最近あまり聞かなくなりますが、なるほどなぁとパクリたくなりましたw
c0166941_1544510.jpg

寝室から。開口がとても大きく、最低限プライバシーを保ちつつ、光を空間に入れ込んでる。
光を左右からぶつけることで光を膨張させ、明るくするという仕組みや、光で空間の箱という見え方を消す
やり方など、勉強になること沢山。ウルウル。。玄関付近は天井高2150くらいだけど、段差で階高を変化させることでとても広く、豊かに感じる。精神的なゆとりを得れます。
c0166941_1554913.jpg

二階は入口からすぐ階段があります。蹴上230、踏面200くらい。蹴上が最高値だけど、踏面を広くすることでそこまで急な恐さは無かった。結構踏面のが大事なんだなぁ~
そのまま上がって二階三階のメゾネットで、二階はDK,LV、三階は寝室とBATHて感じ。
c0166941_156534.jpg

上がった階段から下を見下ろす。この大空間がこの建物の他とは違う、わかりやすい見せ場の一つであります。
体が少し浮き上がる感じ、教会のような空間性が贅沢だなぁ
この空間は面積に入っているので普通は収納やら水回り広くしたりとか、目にわかるところに付加するので、
通常この空間のゆとりは既存のアパートでは採用されません。だけどこの何もない空間の豊かさを価値に変えることが建築家やデザイナーに求められてるというか、戦わないといけない部分だと思うのです。
不動産論理を尊重しつつ、批判するような、両利きじゃないといけない時代だと感じるなぁ
c0166941_1564435.jpg

二階の空間。一階と形式は変わらず。 インテリアは二種類あるようで、どちらもカッコイイです。
c0166941_1572060.jpg

下の坪庭を見下ろす。豊かです。贅沢です。
c0166941_1581919.jpg

三階の寝室の部分。右は水回り収納、徹底してます。その水回りの中にPSがあるらしく、
隠し方も徹底してますw。バルコニーもあって、そこに室外機があります。
c0166941_15101192.jpg

ここにトイレがあるんだよ、って自慢したいディテールです。きれーだなぁ
c0166941_15105274.jpg

反対からのファサード。ファサードの作り方も勉強になります。
一階、二階の入り口は脇から入るんですけど、法規上のドアは正面の窓が(一応開く)が入口になっているよう。確認通してから変更的な感じかな? わからないけど良いすり抜け方だなぁ。


いやはや、素敵過ぎでした。隙の無い設計。こんな設計が出来るようになりたいもんです。
久々に普通の建築ブログらしい記事を書いたなぁw
[PR]
# by kaba0219 | 2012-11-18 14:59 | 日常 | life
RE: SANCTUARY
そういえば随分前だけど軽く卒業制作をグレードアップさせたので一応up
大したことないけどね。。よかったら。。建てる人いませんか。。?

Incidently, because the my diploma project was fairly improved only a little ahead,
it puts it by one respondent.
who can built the person? it is wonderful.
its so joke..

後、pdfの簡単なポーフォリもこちらでみれまする↓
and, please watching my pdf portfolio.↓
http://issuu.com/yusukekabasawa

こっちはタマビの卒業制作集に載ったやつ↓
its a my university's(tama art university) most good diploma project collections book,
please look at my project & other student projects.
http://www.tamabi.ac.jp/pro/publication/g_works/dc_data/2010/#73

c0166941_8194644.jpg

c0166941_8201154.jpg

c0166941_8214967.jpg


thanks a lot !
[PR]
# by kaba0219 | 2011-06-29 08:20 | 作品 | projects
puzzle
何をすれば良くて、何をしなくてはいけないか、よく分からなくなっています。

多分、何をやっても正解でもあり、不正解でもあるんだろうな。
就職活動とかもまたやっているんだけど、なかなか難しい。
多くの事務所が実務経験者や能力の高い人を求めてるから、
中途半端な力量では摘み出されるのがオチです。

アトリエ事務所で経験を積むのもいいことだけど、
結局のところ、ただ積むだけならスタッフの道具以上に勉強する事はほぼ不可能だと思う。
約半年から一年くらいで道具として学べることは達成するし、
粛々と作業をしていても、突然やってくる優秀な人材に追い越されるのです。
その人材が来る間、延々と消費していくのが現状なのかもしれない。
そして、困るのはもう一度同じアトリエに挑戦する気はなかなか起きない。
だから、闇雲に数を打つのも問題だと思うな。
もしかしたら、どうにかなるかもしれない、でも、そうだとしてもリスクが高過ぎる。
ちゃんと準備してから挑戦した方が、色々納得もするだろうし、
ダメでも惜しいな!と思わせる、補欠的な力を見せてからの方がスムーズに活動できるし、
後々有利だと思う。

闇雲にトライするのじゃなく、ちゃんと準備をすることが大事だということを痛感したのです。
ちょっと言い聞かせ過ぎなのか、 まぁこれは個人的な実感だけどね。

まぁとりあえず、今は建築士試験の勉強をしています。
これも無駄かもしれないな、でも今の時点で直感的に自分でやった方がいいと思った事なんで、たまには自分を信じてやってみようと思う。
また失敗する可能性は高いし、でも、その経験ができるのもまたひとつの価値だと信じて頑張ってみます。
いやはや情けないな〜じぶん。。
c0166941_2121642.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2011-04-06 21:22 | 日常 | life
many experience & good friends
更新がされないまま随分腐ってしまった。

こんばんわ、そしてあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。。

で、何をやっていたかというと、某有名建築事務所で日夜奮闘しとりました。
長い研修の末に最終のデザインテストでアウトになってしまったのだけど、
とても良い経験と、友達が出来ました。
建築系の友達自体あまり多い方でもないので、(いるけどみんな忙しくてかまってくれず。。)
困った時の相談や何か議論できるような人が多く出来るのはとても嬉しい。
そして外国人の友達も沢山できた。
最初は自分もしどろもどろだったけど、徐々にコミュニケーションに慣れていって、
英語での会話が割と出来るようになった。とても楽しかったし、今後もこういった環境の中にいたいと強く思った。

事務所での経験は色々あるのだけど、ボスの力は嫌という程感じれたし、
どうすればいいかも少し見えた。
結局のところ、てかわかっていたけど、
改めて「自信」を得ることが大事だと思った。
技術力、会話力、学歴、デザイン力と、色んなスキルがあると思うけど、
その全ては自信を得るためのものであって、いくら能力があっても、
揺ぎ無い自信がなければ、全く効果的ではないと思う。
遠慮がちでも自信満々でも、言葉通り、自らを信じる事。
誰かより劣等感を感じても、自分には自分の美しさがあるんだということを
情けない自分に言い聞かせたい。。

まぁでも、そう簡単に得られるものでもないわけで、
難しいけど、何か一つ、スペシャルな武器を持つことがとても重要だと感じれました。
震災の件で世の中が壊れていってるけど、
自分に自粛している余裕もないし、どんどん挑戦していかないとね。

沢山の経験と,沢山の友達に、感謝感謝感謝、です。


It has become it without update being done.
that why i am lazy.. im so sorry...

so, good evening, and happy new year to everything.
i hope to luck everything.
My best regards this year..

so, when you say what i was doing,
basicly, i worked in famous architecture office.
its stay in long time & always busy working,
because i can't go home,i can't sleep.
but, i had getting many good experience & friends for other country .
until then, i dont have forliner friends, because it was very nice to me.
first time, i can't speak english very well, but, i have conversation to forliner everyday.
because i can speak english a little.
so, i can't get a job in this office, but i didn't negative now.
that why i knew how to do in the future & my bad problem in this office.
i think, it was nice experience.

i think, dont take it easy. because interasting.
it was difficult, i needs a special wepon to me. i feel really important.
i can changing, & i can advance.
because i trying to next road.

many experience & many friends to thanks thanks thanks!!!
c0166941_057212.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2011-04-02 00:57 | 日常 | life
人生活動
気付いたらかなり放置してたw

最近は就職活動とか勉強も含めて、色々活動しております。
なんとかなればいいんだけど、ならなくてもなるように努力していくつもりです。
自分の足りない所は自覚してるつもりなんで。

近況ということでパースを幾つか作ってみた。
まだレンダリング途中だけど、何点かうぷ。
c0166941_1812544.jpg

c0166941_120344.jpg
c0166941_1201729.jpg


ある程度ツールに関してはできるようになったけど、
語学とか知識とか乏しいので、なんとか克服して自信をつけたい。
ところであまり会っていない人に会いたいこの頃です。
だ、誰かとコミュニケーションしたい。。!w

ねだるな、勝ち取れ。さすれば与えられん。

なんつて
[PR]
# by kaba0219 | 2010-07-19 12:03 | 日常 | life
建築はどこか
建築はどこにあるの?


建築はどこにあるの?が誰が言っているのかが興味深い。
その専門領域なのか、それとも大衆的な代弁なのか、
建築がどこにあるかなんて、真に受けたら答えはどこにでもある、だと思う。
これは都市は閉じているという理論に対して、いや、開かれてるんですよ的なメッセージにみえた。

建物でなく、建築ということにこだわった展示なのかな、
建築は他の領域と違い、延々と抽象を探らなければならない唯一の分野なので、
その視点とか思想が問われているのかもしれない。

だけど大衆を相手にした時、建築家の論理は大概空論になってしまうのも事実。
建築は工学であり、芸術であるけど、絶対的に公的である。

各々の展示を見て思ったのは、建築はどこにあるか?は、
各々の視点にまかせるといった感じに見えた。
ただただ、驚きや、快適さや、面白さ、緊張感、なのか。
方法として、テーマとして優れているのもあろうが、
目の前のものが感情を誘発できないのであれば、「建築」という言葉を強調する必要もない。

建築を建物と見ていた人にとっては何なのかわからないかもしれない、
建築ではないではないけど建物ではない。
しかし、これは建築なのです。と言ってみる。
言葉は味覚のようなものだから、建築である必要もないと思う。
各々が感じるままに出てきた言葉、出てこなくても、感じたままでいいとも思う。
なんとなく、これは一般の素人の人に面白いんだよと伝えたい展示の気がしたから。

手を頭に翳したり、手と手をあわせてみる。光があり、陰がある。
建築は、ここにも、どこにでも、ある気がする。
[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-29 17:09 | 日常 | life
お花見2010
今年は色んな友人、社会の先輩方から誘って頂きまして楽しく過ごせました。
皆様ありがとうございます。
たまに地球に存在していることが嫌になることがありますが、
僕のような輩にも知覚してくれて、話して、笑って、楽しんでコミュニケーションが出来る事、
してくれる事が感謝で一杯です。w

世界は思ったより優しいです。

DJ仲間&ソルファな人達
c0166941_318697.jpg

タマビ
c0166941_3182784.jpg

明和電機
c0166941_3203346.jpg

アーティな人達
c0166941_322646.jpg

ピンポンな方達
[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-23 23:05 | 日常 | life
tumblr
タンブラー始めました。よかたらどうぞ。

http://usk0219.tumblr.com/

c0166941_16502210.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-19 16:48 | 日常 | life
動く図書館をつくる。
多摩美術大学でのpinpongワークショップで、つくる図書館を動かすというコンセプトで、
共同制作した作品です。

1ページ目
c0166941_352037.jpg

2ページ目
c0166941_355480.jpg

仕組み
c0166941_0305987.jpg


ワークショップ風景
c0166941_38316.jpg

c0166941_391727.jpg

c0166941_3144754.gif

c0166941_3111896.jpg

c0166941_3133399.jpg

c0166941_0353660.jpg

c0166941_0361283.jpg

c0166941_1704914.jpg
c0166941_1723194.jpg
c0166941_1731241.jpg

c0166941_1782877.jpg

c0166941_1734524.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-17 21:03 | 作品 | projects
ぷらいばしー
のなんちゃらとかよく言われるんですが、

「まずいんじゃないの?」

とか言ってくる人いるけど、何がまずいのかしら?
想像するに肖像権か個人情報辺りしか思いつかないんだが、、

アフォかと、ゲーノージンかと。
勿論それなりの線引きはしているつもりだけど、
僕は断固としてその話に耳を傾けません。
残念ですけど、勝手に恥ずかしがったりむかついたり困ってればいいと思う。
[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-07 04:37 | 日常 | life
イヴの時間
イヴの時間、観に行きました。
感動しましたー!
池袋のテアトルダイヤやっとりますよ、お勧め~


[PR]
# by kaba0219 | 2010-04-05 07:15 | 日常 | life
卒業式
どーん!
c0166941_19582265.jpg

ずいぶん遅れましたが、多摩美術大学を卒業できました。
僕は3年次編入なので2年間しかいなかったけど、
卒業にはなんとも感慨深いものがありました。。
c0166941_2003197.jpg

c0166941_2004816.jpg

友達作りが大変だたけど、それでも様々なデザイン領域の方と接することができ、
興味の幅も広げれた。
僕は空間デザインの分野だったが、
プロダクトやデジタル、編集や映像などの多分野に空間の話をし、
逆に他分野の話を聞くようになってから変わったのは、
何より異邦人的というか、常に客観視できたのが大きいのではないかと思う。
c0166941_2011510.jpg

c0166941_2014597.jpg

専門分野に固執してしまうと周りを見る目というか、そもそも誰に対して何を言っているのか、
それがちゃんと伝わっているのか、社会的にどうなのか、ということが結構抜け落ちてしまう。
勿論ストイックに研究することも学生ならではの特権であるし、
その中の議論が十分面白いのは理解できる。

だからどちらがベストかは個人次第なので何とも言えないが、
僕は何かを作りたいという欲求があり、作ったものが相手に伝わらなければ面白くない。
僕にとっての相手は全ての人。普通に働いていて、普通に生活している人に面白いと言われたい。
それが出来なくては社会に貢献できているとは思えないし、
普通の人に伝える努力をしていくことで、デザインも重要になってくるはず。
c0166941_2022699.jpg

友達が「ケーキ作って食べてくれたら喜んでくれてさ、それがデザインなんじゃないの?」
と言っていたが、本当にそうだと思う。
でもそれを「美味しい」という状態にもっていく為には、
鍛錬して、その方法を考えなくてはいけない。
経済の勉強も必要であろう、そんな幾重にも重なる努力によって「美味しさ」が創られ、
そして「感謝」を得ることが出来、その連鎖が「祝祭」を生むのだ。。
c0166941_204593.jpg



調子に乗って書いてたらよくわかんなくなってきたw
とにかく、タマビに行かなければ出会えなかった人、モノ、コト、沢山ある。
佐藤直樹先生や中村寛先生には多くのことを学んだし、
pingpongにも出会えたことは大きい、というか、
参加するという選択をしたことが僕にとってすごく重要。
そんな、なんやかんやで多くのモノを貰えた美味しい大学を卒業できて、
感謝で一杯です。
その恩威を忘れずに、これから頑張っていきまする。。

みんな卒業おめでとう、ありがとうございました!
c0166941_2044880.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2010-03-31 19:19 | 日常 | life
優秀作品集選出
なんとタマビの卒制優秀作品集に載せて頂けるらしく、そこに載せるデータつくってみた。
こーゆーやつです。↓
多摩美術大学卒制優秀作品集

で、こんな感じ。↓

c0166941_0361544.jpg


なんていうか、大量20点減点ながらも学外展示やら優秀作品集やら載せて貰えて、
すごくプレッシャーを感じておりまする。。
実力で載ってるというよりは、佐藤直樹先生や堀内先生の推薦やらがあったお陰だと思うんだけど、
感謝で一杯です。
色々チャンスを頂いてるので、がんばらねばねばー!
[PR]
# by kaba0219 | 2010-03-21 00:31 | 作品 | projects
タマビ上野毛卒制展ふりかえり 2010
おはこんばんちわ。

すいません、寒いですね、学外展が無事終わりました。タマビでの活動もこれで終わりました。
久々なので展示の振り返りレポートとします 。写真は色々と拝借しているのも多数ありますが、
あっあしからず。。!

学外というからには、その前に学内もあったわけで、zip展という展示を上野毛でやてたのです。
c0166941_23595389.jpg

入り口のポスター、古着で作ったのです、お金をかけず、圧縮したのですよ!!!
c0166941_23582672.jpg

図録も美しい、、
c0166941_034968.jpg

ステキ空間。。
c0166941_042735.jpg

c0166941_1260100.jpg

ステキ展示。。
c0166941_3401671.jpg

c0166941_2357116.jpg

終わります、素敵な展示だったわけです。w

で、w次にアキバの3331 arts chiyodaで学外展示。
c0166941_20445033.jpg

オープン前での展示だたのですが、メディア大注目の廃校を改装いたアートセンターでの展示が決まったのです!
http://www.kaminoge-design.com/senbatsu/
c0166941_20161885.jpg

最初は先生に「すごいキレイな場所で展示だから、、精度落とせば落とす程悪く見えちゃうからね。。」
と、プレッシャーをかけられて緊張していたものの、現地を見ると、、
c0166941_092014.jpg

あれー
c0166941_094879.jpg

あれれー
c0166941_3415538.jpg

あれれれー
c0166941_011381.jpg

えー??
c0166941_0112430.jpg

こっここですきゃ!??と呂律も回らない程に学校そのものであり、
変わんないじゃん、どうしよう。。死ねばいいのに、、という悲痛な声もチラホラ。
しかし展示前一週間切ってる状態だったのでそうも言っておられず、
諸々の担当が無理矢理決まり、空間構成は必然的に僕になりました。ひー

まずは展示者の配置から考えた。
c0166941_01721.jpg

まず左側を入口とし、右を出口にする構成。できるだけパーテションで仕切らず、
広く見渡せ、回遊できるシンプルなものとした。
また、左をエディトリアルやプロダクトなどの少し落ち着いた作品でまとめ、
真ん中を象徴空間として一番大きな作品だけとし、右は大きいものや映像など、
少しドライなイメージのものを配置してみた。
結果はこんな感じ。左側
c0166941_023262.jpg

真ん中
c0166941_0234866.jpg

右側
c0166941_0235938.jpg


最初はもっとカッコいい感じでやろうかと思っていたんだけどそうもいかず、
配置と照明計画のみになった。しかしこの照明が中々に手強く、全体的に計画したものの、
展示者からの要望が複数あり、予定と結構変わった感じになてしまた。
(まるで21人の施主を抱えていたような感じ。。)
照明の色を統一しようと思ってた矢先の思わぬエラーにかなり悩んだのだけど、
秋葉原を歩くと、メイドカフェやら電気屋やらやら、みんな違う色の照明がチカチカしていて、
これもかなりカオスな光景だ。
各々が主張し、調和しないことで秋葉原独自の、ある秩序を生み出していることに気づく。
この展示室も、秋葉原のように各々の個性がぶつかりあっていると置き換える事が出来るのでは?
と思い、秋葉原が内在化したと定義してみた。(苦肉の策)
しかしこれが何故かしっくりしたのです。w

そんな感じで無理やり納得し、なんとか展示までたどり着けたのだけど、
これも展示しない人が数人手伝ってくれたのが大きい。
c0166941_048456.jpg

カッコいいぜ!
c0166941_0301248.jpg

c0166941_346205.jpg

c0166941_0494586.jpg

c0166941_0501754.jpg

彼らは何の見返りも求めず、ただ手伝ってくれた。。
最後の学生生活を少しでもみんなと過ごしたいという純粋な気持ちでの行動であろうか、
弱冠泣き、、はしないけど、グッときたのですよ。。そんな熱い感じだたのです。
そして展示へ。まず俺w
c0166941_0292012.jpg

c0166941_0313852.jpg

植田君のロボ。動きますよ
c0166941_0315185.jpg

岩田さん
c0166941_032532.jpg

押手君
c0166941_03221100.jpg

小倉さん
c0166941_0334854.jpg

岡本さんのカーテン
などなど、他にもいっぱいあります。
結構見応えはあったかなと思う。

そして僕らは展示期間中に本校教授でasylの佐藤直樹先生と明和電気の土佐信道さんをお招きして
トークショーを開催しました。
普通は学校側が企画してくれるもんですが、企画から交渉、ギャラまで全て学生が請負、
実現に至ったのでしたー、すごいでしょ!
c0166941_0401439.jpg

植田君が司会ですw(工員なので)
c0166941_0403567.jpg

c0166941_0515632.jpg
c0166941_0523598.jpg


てな感じで大盛況だたわけす。
土佐さん超面白かった!真面目な話の中にギャグも織り交ぜつつ、この空間全て支配されてました。
大尊敬す。。!
そして学生のナイーブな質問に対し、反論していたのが印象的でした。
(詳しくはこちら
わかっちゃいるものの、
改めてこういった問題を真摯に論じてくれたことはとても有意義だったと思う。
心に刺さった。

そう、資本主義社会において、僕らは作品を「商品」にしなくてはならない。
資本という制度に収束している僕らは、それの為に働き、生きている。
一方でそれの為に人を殺してしまう人もいるだろう、それはある意味宗教とも言える。
しかし、その事実を知ったとしても、その外には出られない事実にも同時に気づくはずだ。
僕らはツールを創っては支配される歴史の中にある。
けれども、一つだけその外に出れる方法がある。
それが、「芸術」なんじゃないか。

完全な出口は難しいけども、
そこに限りなく近い「外側」を遠まわしに世界に示すことが出来るのがデザインや芸術
なのだと僕は信じている。
だから、あらゆる方法で「芸術」を伝えていかなくてはならない。
その「方法」を僕らは問われている。
土佐さんは、それを具体的に体現している破壊者なのだ。。

ていう、レトリックよろしくの話はいいとして、最後に打ち上げてました。w
c0166941_056155.jpg

いえーい
c0166941_0565848.jpg
c0166941_0571547.jpg

ぴんぽんのリーさんもきてくれましたwありがとうございましたー
c0166941_0354613.jpg


佐藤先生に選んで頂いてほんとに運がよかた、最後の最後で人と話せた気がする。
編入したときの目標である、顔と名前を覚えて貰うってのはわりと達成出来たかな?

とにかく、展示が出来たことしゃなくて、ここでみんなと多くの時間を過ごせた事が何よりも嬉しかったのでした。皆様お世話になりました、ありがとうございます!!!
c0166941_057544.jpg

thanks a lot of !!
[PR]
# by kaba0219 | 2010-03-14 00:01 | 日常 | life
kaminoge → akihabara
c0166941_1243664.jpg

ご無沙汰ぶりです。。
久々の更新ですが、大学の卒業制作の学外展がありまして、
運良く選出されました。

秋葉原にある3331 arts chiyodaという、廃校になった中学校を改装した、新しいアートの発信地での展示になります。
3/1(月)~3/7(日)までやってるので、
是非是非、末広町(秋葉原)に遊びにきてください!!↓
http://www.3331.jp/
因みに3/5には明和電気と佐藤直樹のトークショーもあります!


web/詳細↓

http://www.kaminoge-design.com/senbatsu/
3/1-3/7 10:00-19:00(最終日17:00まで)
無料 / 地階

多摩美術大学造形表現学部デザイン学科
卒業制作選抜展

会期  :3/1-3/7 10:00-19:00(最終日17:00まで)
入場料 :無料
会場  :3331 arts chiyoda (旧練成中学) 地階

アクセス:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

★スペシャルイベント:3/5- 18:30~20:30 明和電気×佐藤直樹
トークショー「デザインの交差点」

c0166941_1252131.jpg
c0166941_1253140.jpg

Selected Works from Graduates of Tama Art University
Department of Communication Design

Admission: Free of Charge Venue: B1F
[PR]
# by kaba0219 | 2010-02-28 01:25 | 日常 | life
汚れ
忘れたくないものはどんどん忘れていくのに、
忘れたいものは全然忘れられない。。
もうどちらなのかもわからない。
忘れたいけど、忘れたくない。
いや、忘れたいかな。


c0166941_8314784.jpg

[PR]
# by kaba0219 | 2009-12-31 23:25 | 日常 | life



ヘタレ美大卒の不毛な日常
by kaba0219
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30